それって「私」です・・・

 

 

すごくプライドが高くって、年上や年下関係なく気に入らなかったことにはイラっときてしまったり、ムスッとしてしまったり。。。

それで人間関係があまり良くなくなってしまうから、嫌ですねー(笑)

自分のやったことや行動に対して、何か否定的なことを言われたり、何か言われたりすることがものすごく嫌なんです(笑)

なんだか、責められている感じがして。。。

なんだか、自分か傷つけられている気がして。。。

 

 

 

そして、

 

「感受性が強すぎるんです!」

 

相手の言葉一つ一つが気になって、「あーあー」って落ち込んだり。。。

言動が気になって、行動できなかったり。。。

気を遣わせてしまっているのも嫌になったり。。。

 

相手の反応が気になりすぎて、言葉を発することもできなくなったり。。。

 

 

 

 

でもそれって、、、、、、

 

 

 

 

 

『自分で自分を責めている』

 

 

 

 

 

ということなんです。

 

 

自分で自分を責めてしまっているから、相手にも責めてしまうし、相手からも責められる。

 

まさに、この世は、

 

「鏡の法則」

 

なんです。

 

 

日頃、仕事や生活をしていく中で、自分や職場の同僚に「ポジティブな言葉」と「ネガティブな言葉」だとどちらを多く使っっていますか?

 

 

多くの人が、「ネガティブな言葉」だと思います。

 

 

朝起きた時、、、、

 

 

 

「あぁーーーー、、、朝だぁ、、、、嫌だな。。。。」

 

 

 

こんな言葉を心で発していませんか?

 

 

これってもう、自分を責めてしまっています!

 

 

本当に自分らしい充実としイキイキとした人生を送っているのであれば、、、

 

「嫌だな。。。。」

 

 

という言葉ではなく、

 

 

「楽しみだなぁ。。。幸せだなぁ。。。ありがとう。。。」

 

 

のような言葉を心や声に発するでしょう。

 

 

「嫌だな。。。。」という言葉は、現状の自分を否定する言葉。

といった方がわかりやすいでしょうか?

 

 

 

現状の自分を否定する言葉。

仕事や生活で使っていませんか?

 

「なんでできないんだろう。。。」

「もっとできるはず!」

「私ってダメだぁ・・・」

 

 

 

出てくる言葉は、

「ポジティブな言葉」「ネガティブな言葉」

 

です。

 

 

 

それに気づいたら、少しずつ、少しずつ、変えていきましょう。

 

「ネガポジ変換」です!

 

少しだけですよ?

 

朝起きたら、次の質問に答えてください。

 

 

「昨日、どんないいことがありましたか?10個数えながら挙げてください。」

 

 

 

「今日どんな気持ちで過ごせば、充実した気持ちで仕事から帰ることができますか?」

 

 

この2つの質問に毎朝答えていくだけで、気持ちが楽になり、少しずつ自分を認めることができるようになります。

 

「プライドが高い自分」も自分の個性。

 

「感受性が強すぎる自分」も自分の個性。

 

「こんな自分もオッケー!」って認められるようになります。

続けてみてはいかがですか?