www.photo-ac.com

 

新潟市西区を中心に妊婦さんや妊娠している女性、子育中の女性のために無痛整体をしている「しんどうまろわ整体」です。
妊婦さんや妊娠中の女性は、「やることがいっぱいなのに、体が言うことを聞いてくれない!」と思ってはいませんか?そんな思いをしているときに、出てくるのが口内炎口の中だけでなく、口の周りにも発症してしまい、治るのが非常に遅いのが、困りものです。

今回は、「新潟しんどうまろわ整体流☆妊婦さん妊娠中女性にオススメ!妊娠線の対策」をお伝えします。

 

 

 

口内炎の症状と原因

口内炎のできる原因は、

・口の中が傷つく

・ホルモンバランスの崩れ

・食生活の乱れ

・口の中が衛生的ではない

・ビタミン不足

だど言われています。

たとえば、妊娠中は女性ホルモンの分泌が多くなり、ホルモンバランスが崩れることによって口内炎ができやすくなります。また、つわり時などは、吐いたり、歯磨きもできない状況になったりして、口の中が不衛生になることによって口内炎ができやすくなります。

また、つわり時は食べ物が喉を通らないということもあり、栄養が摂れない、あるいは偏ってしまうということも口内炎を発生しやすくする原因です。さらに、妊婦さんの体ではお腹の中の赤ちゃんに優先的に栄養が渡ります。したがって、口内炎の原因であるビタミンBの不足も原因として考えられます。

 

 

 

口内炎の予防・対策・対処法

口内炎は、治るまでにかなり時間がかかる上に、傷ついてしまったり、ストレスがかかったりすると、悪化してしまいます。また、口内炎を発症していまうと、口に食べ物・飲み物を入れるのか億劫になってしまいます。そうなると、お腹の赤ちゃんにも、十分な栄養が行き渡らなくなります。したがって、口内炎にならないための予防と対策となった時の対処法が大切になります。

 

・栄養のある食事

ビタミンや葉酸が不足すると、妊婦さんや妊娠中女性は肌に影響が出やすくなり、口内炎にもかかりやすくなります。したがって、野菜や果物などのビタミンを多く含んだ食材を中心に、食事をとりましょう。

 

 

 

・口内を清潔に

口内を清潔に、衛生的に良い状態を保つことが大切です。水分をこまめに取ることも、口内を衛生的にするコツです。
また、吐きづわりやつわりで吐いてしまう人は、口内を不衛生吐いた後は、しっかりと口をゆすぎ、うがいをしましょう。

 

 

 

・ストレス解消

過度なストレスは、口内炎の大敵です。仕事を続けている妊婦さんや妊娠中女性も多いと思いますので、ゆっくりとお風呂に浸かったり、好きな音楽を聴いたりなど自分でできるストレス解消法を毎日実践していくこともオススメです。

 

 

 

・十分な睡眠

過度な疲れや睡眠不足は、口内炎になる大きな要因です。良い生活リズムで十分な睡眠をとってください。また、妊婦さんや妊娠中女性に限らず多くの人は、直前までスマホやパソコンなど強い光を浴びると、脳が休まるまで時間がかかり、起きた時に疲労感が残ります。せめて就寝1時間前には強い光を避け、暗い部屋で眠る準備をしましょう。

 

 

 

口内炎の対処法

口内炎は、2週間ほどで自然に治ります。薬を使うと1週間ほどで治ります。
しかし、妊婦さんや妊娠中女性には、薬を使うことはNGです。お腹の赤ちゃんに影響がある可能性があるので、口内炎の飲み薬や塗り薬は避けてください。
その代わりに、産婦人科を受診すると「ケナログ」という軟膏を処方してもらえると思いますので、ドラックストアではなく、必ず病院で処方してもらいましょう。

 

また、口内炎や皮膚のトラブルでお悩みの妊婦さんや妊娠中女性、子育てしている女性は、新潟にある「しんどうまろわ整体」をお訪ねください。
「しんどうまろわ整体」では、痛みや痒み、眠気などの症状を改善することができます。妊婦さんや妊娠中女性にとっては、つわりや頭痛などの症状も改善しますので、ぜひ、表示の電話番号から、ご連絡ください。