新潟市西区を中心に妊婦さんや妊娠している女性、子育中の女性のために無痛整体をしている「しんどうまろわ整体」です。

妊娠とともに、やってくるのが、吐き気などのつわりの症状。妊婦さんや妊娠中女性は、つわりが起こると、体が母親に変わったと感じる1つの症状です。しかし、つわりといっても、出てくる症状は、人によって様々。個人差がかなりあると思いますが、多くの人が困っている症状、解決する対処法・対策は重なることが多いのも事実です。

今回は、「新潟・しんどうまろわ整体流☆妊婦さん妊娠中の女性のつわりの対策」をご紹介します。

 

 

 

つわりの種類

 

吐き気(吐きづわり)

気持ち悪く、吐き気がするので(実際に嘔吐する場合もある。)食事などができなくなるという、典型的なつわりの症状の一つです。その症状の発症は、人によって異なりますが、朝起きた時、特定のものを食べた時、特定のものの匂いを嗅いだ時などが一般的です。

 

空腹(食べづわり)

何か口に入れていないと、何か食べ物が胃腸に入っていないと、気持ち悪くなり、つわりになってしまう症状です。空腹だと気持ち悪くなってしまうので、何かしら食べ続けていないといけないのが、この症状の特徴です。

 

よだれ(よだれづわり)

妊婦さんや妊娠中の女性は、よだれの分泌量が増加します。すると、自分のよだれに不快感や気持ち悪さを感じてしまい、つわりの症状が出てきます。自分のよだれ(唾液)を飲み込むことも、気持ち悪くてできなくなる妊婦さんもいます。

 

眠気(眠りづわり)

妊婦さんや妊娠している女性が、日中でも眠くて仕方がなくなるような症状の時には、眠りづわりの可能性があります。今まで日中に眠くなったとこがなかった女性も、妊娠すると途端に眠くなるようなつわりの症状が出ます。

 

匂い(匂いつわり)

妊婦さんや妊娠中の女性で一番あるあるな話は、「ご飯の匂いがダメー!気持ち悪い!」です。

特定の匂いを嗅ぐと、気持ち悪くなってしまう症状です。ご飯大好きな女性も、妊娠すると不思議と、炊きたてご飯が近くにあるだけで気持ち悪くなり、嗚咽(おえつ)するくらいになります。

他にも、シャンプーや焼き肉などの油っこい食べ物、ケーキなどもあります(時には、旦那さんの匂いがダメになる妊婦さんも・・・)。

 

 

 

 

つわりの対策・対処法

 

吐き気(吐きづわり)の対策・対処法

発症原因の食べ物や匂いの元を取り除くのがまず第一。なかなかできないという人は、気分がスッキリするような行動をしたり、食べ物を食べたりしましょう。例えば、、、

 

・ヨガやストレッチをする

・自分の大好きなことをする(ひたすら、編み物に没頭するする友人がいました。無心になれていいらしい。)

・冷たいものを食べる(ゼリーやアイス、果物など。消化の良い冷やしうどんもおすすめ。)

・フリスクやミント系のアメを食べる

 

実際に、つわりを経験した妊婦さんや妊娠中が実践して効果のあったものを紹介しました。

ここで忘れてはならないのが、水分補給です。

つわりで吐いたり、気持ち悪くて食べられなくても、水分補給はしてください。脱水症状で倒れてしまうこともありますので、要注意です。

また、「水でも吐いてしますんです!」という妊婦さんや妊娠中の方もいらっしゃると思います。その方は、「経口補水液(ポカリなどでもOK)」を少しずつ飲んでください、一気に飲むと、体がつわりの吐く方に反応してしまうので、「経口補水液」を少しずつ、少しずつ、飲んでください。

 

 

 

空腹(食べづわり))の対策・対処法

何かを食べ続けていないと、いけないので長い時間口の中に入れておけるものを選びましょう。

妊娠中でも仕事をしなければいけない女性も多いと思います、次のような食べ物がオススメです。例えば、、、

 

・アメ(ミントのような爽やかなものがオススメ。)

・フリスク(のようなタブレットのもの)

・スルメ

 

などがオススメです。仕事場にもよりますが、これくらいなら食べていても。大丈夫だというところもあるでしょう。食事については、食事の量を半分にして、食事の回数を2倍に増やすという方法がオススメです。これなら、トータルで考えると、今までと変わらずに、つわりの症状を抑えることができます。

体重の過度な増加は、妊婦さんの体もそうですが、胎児にも影響が出ないとも限らないので、なるべくカロリーの抑えられたものを食べたいですね。

 

 

 

よだれ(よだれづわり)の対策・対処法

イソジンを使ってうがいをすることがオススメです。ただのうがいでも効果がありますが、イソジンを使った方が、口の中の爽快感が違います。

また、よだれや唾を出すだけでも効果があります。外に出ていてそういうことができないという妊婦さんは、アメやフリスクなどを舐めておくと、気持ちがまぎれます。

 

 

 

眠気(眠りづわり)の対策・対処法

とにかく眠気が襲ってきます。なので、寝てしまうのが、得策です。

20分ほど寝るだけで、眠気も軽くなるでしょう。

「仕事で寝ることなんてできない!」という妊娠中女性もいると思います。その時は、事前に上司や仕事場に妊娠していることを伝え、早退させてもらうか、途中抜けさせてもらえるように伝えましょう。少しは、過ごしやすい環境に変わると思います。

 

 

 

匂い(匂いつわり)の対策・対処法

苦手な匂い、つわりが起こる匂いは、すぐにわかります。なので、それをすぐに避けましょう。

通勤や仕事でつわりが起こりそうな時には、マスクを着用することをオススメします。

マスクに、柑橘系の香りをつけておくと、つわりをより抑えることができるそうです。

 

 

 

 

妊婦さんや妊娠中女性は、つわりが起こると、体が母親に変わったと感じる1つの症状です。

体が今までと違うのだから、今までの生活ができないことなんて、当然のことなんです。

自分を責めないでくださいね? しょうがないんです。

なので、できないこと、しんどいことは、旦那さんや家族に丁寧に甘えましょう。

周りの人に役立つチャンスをあげましょう。

 

 

 

本当にしんどいつわりの時には、「しんどうまろわ整体」をご利用ください。

整体といっても、肩こりや腰痛だけではなく、生理痛や内臓系の痛みも、軽減することができます。

また、バキバキ・ボキボキしない無痛整体をしているので、妊娠している女性でもうつ伏せにならず、座ったままでも整体ができます。もちろん、改善する違いを感じてもらえると思います。

ぜひ、表示の電話番号から、ご連絡ください。

 

 

 

=====================================

 

新潟市にある妊婦さんや妊娠中女性のためのバキボキしない無痛の整体

 

 

しんどうまろわ整体への予約・問い合わせは、

下の電話番号をクリック ↓↓↓


TEL:025-687-3363