新潟市にある妊婦さんや妊娠中女性のためのバキボキしない無痛の整体☆座ったままでもOK!新生児も大丈夫!子連れでもOK!出張無痛整体受付中!

Blog

ブログ

新潟しんどう整体☆妊婦さん妊娠中女性でも湿疹・アトピーの対策

進藤豪人 2017年10月14日 カテゴリー: ブログ

 

 

 

新潟市西区を中心に妊婦さんや妊娠している女性、子育中の女性のために無痛整体をしている「しんどうまろわ整体」です。

 

妊婦さんや妊娠している女性は、赤ちゃんがお腹にできることで、体調や身体が劇的に変わっていきます。気持ち悪くなる、つわりになる、腰が痛くなるなどなど。その中でも、ストレスを感じてしまうのは、「湿疹・アトピー」。湿疹・アトピーの肌荒れやかゆみは、思考の途中に優先して頭の中で邪魔をしてきます。

湿疹・アトピーの方は、何よりも肌からストレスを感じ、日々の生活が不自由になっているでしょう。さらに、妊娠している女性が困っているのは、湿疹・アトピーが悪化していまうことです。妊娠に伴うホルモンバランスの変化で、湿疹・アトピーがさらに悪くなります。

でも、妊婦さんや妊娠中女性は、ステロイドの塗り薬は副作用が、胎児に影響を与える可能性がるので、避けたいところです。

「新潟・しんどうまろわ整体流☆妊婦さん妊娠中の女性でもできる湿疹・アトピーの対策」をご紹介します。

 

 

湿疹・アトピーの対策・対処法

 

 

スキンケア

妊娠中は、免疫力が下がるため、肌も荒れやすく、敏感になっています。したがって、湿疹・アトピーを持っていた女性は妊娠することで悪化してしまい、湿疹・アトピーを持っていない女性でさえも妊娠に伴い湿疹を発症してしまうのです。

だからこそ、肌を良い状態に保つことが重要です。

まずは、肌を清潔に保ちます。ぬるま湯で石鹸などで肌を優しく洗い、きれいにします。40度くらいになると、肌にストレスがかかるので、人肌くらいの温度のお湯を使ってください。
その後は、すぐに保湿、乳液、クリームなどで、補った水分を逃さないようにしてください。すぐ、塗ることがポイントです。

っっっz
乾燥が気になる箇所には、ワセリンを塗るのがオススメです。妊婦さんや妊娠中女性も、副作用を気にせず使うことができます。より、不純物を取り除いたワセリンもあります。

 

 

UVカット

シミやソバカスにならないためには、日焼けをしない・紫外線を浴びないことが大切です。妊娠すると、シミができやすいですが、産後になくなることがほとんどです。ですが、妊娠中の肌は敏感なので、紫外線を多く浴びてしまうと、かゆみや肌荒れがひどくなってしまうこともあります。もちろん、適度な日光は、体内のビタミンDを活性化するために必要です。しかし少しでも外出する時には、肌に優しい日焼け止めやスキンケア用品を使いましょう。

 

 

バランスの良い食事

妊婦さんや妊娠中女性はつわりが始まると、食生活にも変化が出てきます。今まで全く食べたくなかったものが食べたくなったり、いろいろな匂いがダメになったりと、明らかに変わります。
多くの野菜を食べ、ビタミンを摂ることに意識をおいてください。ビタミンやミネラルが不足すると、湿疹・アトピーが悪化してしまいます。また、栄養は胎児に優先的に渡ってしまいますので、意識的に野菜を食べるようにしましょう。
また、良質なタンパク質を摂り、脂質を抑えた食事をしていると、体調管理にも役立ちます。

 

 

綺麗に掃除

肌をいくら綺麗にしていても、自分のいる環境が悪ければ、身体や肌へストレスを与えてしまうことになり、湿疹・アトピーを悪化させてしまうことに繋がるでしょう。
毎日の掃除を心がけましょう。また、布団はこまめに日光に当て、布団に潜んでいる細菌やダニを落としてしまいましょう。
実は、布団が原因で湿疹・アトピーが悪化することが多いので、殺菌と乾燥を心がけましょう。

 

 

ストレス解消

妊婦さんや妊娠している女性に限らず、多くの人に当てはまりますが、湿疹・アトピーを悪化させる大きな原因は、ストレスだと言われています。
まずは、規則正しい生活をしましょう。身体へのストレスを減らすことができます。
そして、温度変化の激しいところは避けてください。実は、肌へのストレスは大きいのです。
また、多くの方が経験あると思いますが、落ち込んでいたり、ネガティブに考え込んでいたりすると、肌荒れやアトピーが悪化してしまいます。
妊婦さんが家事などのやることを自分で抱え込みすぎず、旦那さんや家族にやることをお任せすることも必要です。その時間は、自分の気分をリラックスさせたり、楽しませたりする時間に使いましょう。
ストレスの少ない生活は、胎児にも良い影響があるので、上手に発散させましょう。

 

 

 

 

また、「本当に、辛い。。。。」と感じた時には、お医者さんにみてもらうことも良いでしょう。
もしくは、新潟市にある「しんどうまろわ整体」をご利用ください。


整体をメインに行なっていますが、基本的には患者さんの「自己治癒力」を高めて、症状を改善させていく手法を取っています。したがって、湿疹やアトピーのような症状でも、改善がみられます。
ぜひ、表示の電話番号から、ご連絡ください。

 

 

 

=====================================

 

新潟市にある妊婦さんや妊娠中女性のためのバキボキしない無痛の整体

 

 

しんどうまろわ整体への予約・問い合わせは、

下の電話番号をクリック ↓↓↓


TEL:025-687-3363

 

 

=====================================

 

 

新潟しんどう整体流☆妊婦さん妊娠中女性でもできる鼻炎の対策

進藤豪人 2017年10月9日 カテゴリー: ブログ

 

 

新潟市西区を中心に妊婦さんや妊娠している女性、子育中の女性のために無痛整体をしている「しんどうまろわ整体」です。

妊婦さんや妊娠している女性は、本当に大変です。つわりが続いてくると、毎日インフルエンザにかかったような体調で過ごさなければならず、それに毎日のやらなければならないこと。。。本当に子どもを産むってことは大変です。しかし、だからこそ、産まれた子どもというのは本当に愛らしく思えてくるんでしょう。

妊娠中は、免疫力が下がるとよく言われます。だからこそ、風邪もひきやすい、鼻炎にもなりやすい、妊娠性鼻炎にかかるかもしれない。。。妊婦さんは、体調を崩さないような環境作りが大切です。

そして、一番気をつけないといけないのは、「薬を飲む」ということです。胎児に影響が出るかもしれないので、絶対にしないでください。

 

薬の代わりになる対策・対処法を、妊娠性鼻炎を中心に、「新潟・しんどうまろわ整体流☆妊婦さん妊娠中の女性でもできる鼻炎の対策」をご紹介します。

 

 

 

 

妊娠中の鼻炎の症状と原因

 

妊娠性鼻炎は、妊娠してから、くしゃみや鼻水、鼻づまりが止まらなくなるような症状です。

これは、妊娠することで、ホルモンバランスか崩れ、鼻に血流が流れやすくなり、鼻水を出す腺を過度に刺激するからです。また、妊娠中の体では、栄養が胎児に優先して送られるため、妊婦さんの免疫力が下がってしまい、風邪や鼻炎にかかりやすくなります。

発症は、だいたい妊娠直後から数週間後。妊娠初期(1〜2ヶ月くらい)までには回復しています。この症状は、数週間続くこともあります。

一番厄介なことは、以前から鼻炎を持っていた女性は、妊娠すると余計に悪化してしまうということ。

免疫力の低下は、様々な症状を引き起こしてしまうかもしれないのです。

したがって、体調を崩さない環境づくりが必要です。

 

 

 

 

妊娠中の鼻炎の対策・対処法

 

「妊娠中の鼻炎の対策・対処法」といっても、根本的には、「鼻炎にならないための対策・対処法」と変わりません。全てをやることがベストですが、その中のいくつかを実践するだけでも改善がみられます。具体的な対策・対処法は、、、

 

・マスクやメガネをつける

 

・花粉を払って家に入る

 

・乾かした洗濯物の花粉やほこりを落とす

 

・花粉シーズンは外出を控える

 

・帰宅したら手洗い・うがい・鼻かみ

 

・毎日掃除をする(床は水ぶきをする)

 

・鼻うがいをする

 

・湿度を高めにする(加湿器をつける、洗濯物は室内で乾かすなど)

 

・空気清浄機をつける

 

です。

今までの記事を考慮と、まず、「マスクを着用して仕事は必須」、「帰宅したら、手洗い・うがい・鼻かみ」、「洗濯物は室内に干す」をしておくと、今よりも良いマタニティーライフが送れるでしょう。

前々から言っていますが、これは本当に個人差があります。したがって、一つ一つが実験だと思って、楽しみながら取り組まれることをオススメします。自分に合う方法に出会ったら、「やったー!ラッキー!」という気持ちでいる方が、続けやすいと思います。

 

また、「本当に、しんどい。。。。」と感じた時には、お医者さんにみてもらうことも良いでしょう。

もしくは、「しんどうまろわ整体」をご利用ください。

整体をメインに行なっていますが、基本的には患者さんの「自己治癒力」を高めて、症状を改善させていく手法を取っています。したがって、鼻炎や風邪のような症状でも、改善がみられます。実際に、風邪になった患者さん、鼻炎の患者さんから、「良くなった!」という感想をいただきました。

もちろん、薬は使いませんので、ご安心ください。

ぜひ、表示の電話番号から、ご連絡ください。

 

 

 

=====================================

 

新潟市にある妊婦さんや妊娠中女性のためのバキボキしない無痛の整体

 

 

しんどうまろわ整体への予約・問い合わせは、

下の電話番号をクリック ↓↓↓


TEL:025-687-3363

 

 

=====================================

 

 

新潟しんどう整体流☆妊婦さん妊娠中女性のつわりの対策

進藤豪人 2017年10月9日 カテゴリー: ブログ

 

 

新潟市西区を中心に妊婦さんや妊娠している女性、子育中の女性のために無痛整体をしている「しんどうまろわ整体」です。

妊娠とともに、やってくるのが、吐き気などのつわりの症状。妊婦さんや妊娠中女性は、つわりが起こると、体が母親に変わったと感じる1つの症状です。しかし、つわりといっても、出てくる症状は、人によって様々。個人差がかなりあると思いますが、多くの人が困っている症状、解決する対処法・対策は重なることが多いのも事実です。

今回は、「新潟・しんどうまろわ整体流☆妊婦さん妊娠中の女性のつわりの対策」をご紹介します。

 

 

 

つわりの種類

 

吐き気(吐きづわり)

気持ち悪く、吐き気がするので(実際に嘔吐する場合もある。)食事などができなくなるという、典型的なつわりの症状の一つです。その症状の発症は、人によって異なりますが、朝起きた時、特定のものを食べた時、特定のものの匂いを嗅いだ時などが一般的です。

 

空腹(食べづわり)

何か口に入れていないと、何か食べ物が胃腸に入っていないと、気持ち悪くなり、つわりになってしまう症状です。空腹だと気持ち悪くなってしまうので、何かしら食べ続けていないといけないのが、この症状の特徴です。

 

よだれ(よだれづわり)

妊婦さんや妊娠中の女性は、よだれの分泌量が増加します。すると、自分のよだれに不快感や気持ち悪さを感じてしまい、つわりの症状が出てきます。自分のよだれ(唾液)を飲み込むことも、気持ち悪くてできなくなる妊婦さんもいます。

 

眠気(眠りづわり)

妊婦さんや妊娠している女性が、日中でも眠くて仕方がなくなるような症状の時には、眠りづわりの可能性があります。今まで日中に眠くなったとこがなかった女性も、妊娠すると途端に眠くなるようなつわりの症状が出ます。

 

匂い(匂いつわり)

妊婦さんや妊娠中の女性で一番あるあるな話は、「ご飯の匂いがダメー!気持ち悪い!」です。

特定の匂いを嗅ぐと、気持ち悪くなってしまう症状です。ご飯大好きな女性も、妊娠すると不思議と、炊きたてご飯が近くにあるだけで気持ち悪くなり、嗚咽(おえつ)するくらいになります。

他にも、シャンプーや焼き肉などの油っこい食べ物、ケーキなどもあります(時には、旦那さんの匂いがダメになる妊婦さんも・・・)。

 

 

 

 

つわりの対策・対処法

 

吐き気(吐きづわり)の対策・対処法

発症原因の食べ物や匂いの元を取り除くのがまず第一。なかなかできないという人は、気分がスッキリするような行動をしたり、食べ物を食べたりしましょう。例えば、、、

 

・ヨガやストレッチをする

・自分の大好きなことをする(ひたすら、編み物に没頭するする友人がいました。無心になれていいらしい。)

・冷たいものを食べる(ゼリーやアイス、果物など。消化の良い冷やしうどんもおすすめ。)

・フリスクやミント系のアメを食べる

 

実際に、つわりを経験した妊婦さんや妊娠中が実践して効果のあったものを紹介しました。

ここで忘れてはならないのが、水分補給です。

つわりで吐いたり、気持ち悪くて食べられなくても、水分補給はしてください。脱水症状で倒れてしまうこともありますので、要注意です。

また、「水でも吐いてしますんです!」という妊婦さんや妊娠中の方もいらっしゃると思います。その方は、「経口補水液(ポカリなどでもOK)」を少しずつ飲んでください、一気に飲むと、体がつわりの吐く方に反応してしまうので、「経口補水液」を少しずつ、少しずつ、飲んでください。

 

 

 

空腹(食べづわり))の対策・対処法

何かを食べ続けていないと、いけないので長い時間口の中に入れておけるものを選びましょう。

妊娠中でも仕事をしなければいけない女性も多いと思います、次のような食べ物がオススメです。例えば、、、

 

・アメ(ミントのような爽やかなものがオススメ。)

・フリスク(のようなタブレットのもの)

・スルメ

 

などがオススメです。仕事場にもよりますが、これくらいなら食べていても。大丈夫だというところもあるでしょう。食事については、食事の量を半分にして、食事の回数を2倍に増やすという方法がオススメです。これなら、トータルで考えると、今までと変わらずに、つわりの症状を抑えることができます。

体重の過度な増加は、妊婦さんの体もそうですが、胎児にも影響が出ないとも限らないので、なるべくカロリーの抑えられたものを食べたいですね。

 

 

 

よだれ(よだれづわり)の対策・対処法

イソジンを使ってうがいをすることがオススメです。ただのうがいでも効果がありますが、イソジンを使った方が、口の中の爽快感が違います。

また、よだれや唾を出すだけでも効果があります。外に出ていてそういうことができないという妊婦さんは、アメやフリスクなどを舐めておくと、気持ちがまぎれます。

 

 

 

眠気(眠りづわり)の対策・対処法

とにかく眠気が襲ってきます。なので、寝てしまうのが、得策です。

20分ほど寝るだけで、眠気も軽くなるでしょう。

「仕事で寝ることなんてできない!」という妊娠中女性もいると思います。その時は、事前に上司や仕事場に妊娠していることを伝え、早退させてもらうか、途中抜けさせてもらえるように伝えましょう。少しは、過ごしやすい環境に変わると思います。

 

 

 

匂い(匂いつわり)の対策・対処法

苦手な匂い、つわりが起こる匂いは、すぐにわかります。なので、それをすぐに避けましょう。

通勤や仕事でつわりが起こりそうな時には、マスクを着用することをオススメします。

マスクに、柑橘系の香りをつけておくと、つわりをより抑えることができるそうです。

 

 

 

 

妊婦さんや妊娠中女性は、つわりが起こると、体が母親に変わったと感じる1つの症状です。

体が今までと違うのだから、今までの生活ができないことなんて、当然のことなんです。

自分を責めないでくださいね? しょうがないんです。

なので、できないこと、しんどいことは、旦那さんや家族に丁寧に甘えましょう。

周りの人に役立つチャンスをあげましょう。

 

 

 

本当にしんどいつわりの時には、「しんどうまろわ整体」をご利用ください。

整体といっても、肩こりや腰痛だけではなく、生理痛や内臓系の痛みも、軽減することができます。

また、バキバキ・ボキボキしない無痛整体をしているので、妊娠している女性でもうつ伏せにならず、座ったままでも整体ができます。もちろん、改善する違いを感じてもらえると思います。

ぜひ、表示の電話番号から、ご連絡ください。

 

 

 

=====================================

 

新潟市にある妊婦さんや妊娠中女性のためのバキボキしない無痛の整体

 

 

しんどうまろわ整体への予約・問い合わせは、

下の電話番号をクリック ↓↓↓


TEL:025-687-3363

 

 

 

新潟しんどう整体流☆妊婦さん妊娠中女性にもできる吐き気の対策

進藤豪人 2017年10月7日 カテゴリー: ブログ

 

新潟市西区を中心に妊婦さんや妊娠している女性、子育中の女性のために無痛整体をしている「しんどうまろわ整体」です。

 

 

妊娠とともに、やってくるのが、吐き気などのつわりの症状。

急な体の変化に戸惑ってしまう妊婦さんや妊娠中女性も多いのではないでしょうか。

嘔吐しすぎて胃酸しか出てこないこともあります。そのしんどい中で、通勤や仕事をしていかなければならないのだから、本当に大変です。

 

 

今回は、「新潟・しんどうまろわ整体流☆妊婦さん妊娠中の女性にもできる吐き気の対策」をご紹介します。

 

 

 

 

吐き気の原因

 

 

妊婦さんや妊娠中女性は、程度の個人差はあるものの必ず吐き気を経験します。妊娠前期・中期・後期の時期に関わらず、出るときに出るのが吐き気なんです。

そもそも、妊娠しているとどうして、吐き気が出てきてしまうのでしょうか。

そこには、いくつかの原因があります。

 

 

・女性ホルモン

プロゲステロンというホルモンが多く分泌されます。これは、妊娠できる状態にしてくれるホルモンなんです。生理前などにも分泌されます。生理前に気持ち悪くなったり、吐き気が出てきたりするのは、プロゲステロンの分泌が増加しているからです。

 

 

・お腹の中の胎児の成長

妊婦さんのお腹にいる数センチ程度だった胎児も時間の経過とともに、成長していきます。もともと胃や腸など臓器があったところに、胎児がどんどん大きくなっていくので、他の臓器が押され、圧迫されてしまうのです。したがって、妊娠中女性の胃や腸などは、ムカムカしたり、吐き気がしたりと、身体の以上のように捉えられます。(吐き気や嘔吐の症状が、子どもの成長なんだと思うと、なんだか少し気が楽になりますよね (^ ^) )

 

・便秘

妊婦さんや妊娠している女性は、便秘にもなりやすいです。一般的な女性もそうかもしれませんが、妊娠していると特になりやすいです。胎児に栄養を届けるために食べ物から養分をとることも考えられますが、胎児の成長で胃や腸などの臓器が圧迫されることが大きな原因です。通弁しなくて本当に困っているという妊婦さんは、産婦人科で相談すると薬を処方されます。ご参考まで。

 

 

 

吐き気の対策・対処法

 

今まで述べた妊娠中女性の吐き気の原因に対して、いくつか対策・対処法がありますので、ご覧ください。

 

・気持ち悪くなる「特定の物」を避ける

妊娠していると、特定の食べ物や匂いで吐き気や嘔吐になることがあります。歯磨き粉がダメになったり、生姜焼きなどの油の匂いがダメになったり、ショートケーキの匂いがダメになったり。。。。人によって様々ですが、わかりやすいので、すぐに避けることができるでしょう。家族の協力も必須ですね。妊娠前期はダメで吐き気が出てきたものでも、妊娠後期には、普通に食べられることもあります。

 

 

・全粒粉を使ったものを食べる

妊娠している女性が言うことの代表的な言葉が、「お米の匂いがダメ〜」です。実際に、妊婦さんで炊飯しているお米の匂いで吐き気や嘔吐している方は、かなりいます。代わりに、お米の匂いがダメな時期だだけ、全粒粉を使ったパン食にしてみたらいかがでしょうか。

 

 

・消化の良いものを少しずつ食べる

大量のものを胃や腸に入れると、内臓に負担をかけてしまい、吐き気や嘔吐が悪化することもあります。クラッカーやカロリーメイトなど、自分の食べられるものを少しずつ食べていくのが、重要です。また、うどんや雑炊のような消化しやすいものを少しずつ食べると、吐き気になりにくいでしょう。

 

 

・アイスなど冷たいものを食べる

実際に、私の妻がやっていた方法です。冷たいものはあまり体に良くないと、心配される方もいるかと思いますが、「夏に食べるアイス」すごくおいしいですよね?笑 妊娠が夏の時期とかぶるとき、暑いことも妊婦さんの体調を悪くしたり、ストレスの原因になったりします。食べると、甘くて美味しくていい気分になれ、それに冷たくて頭もスッキリします。

 

 

・経口補水液(ポカリなども含む)を飲む

妊娠中は、吐き気や嘔吐で、体のあらゆるところから水分を奪われるので、水分補給は必須です。経口補水液は通常の水よりも体への吸収率が良いので、オススメです。カフェインレスのコーヒーやお茶などは、やはり利尿作用があるので、水分補給としてはオススメしません。気分転換で、飲みましょう。

 

 

・常にアメやチョコを食べる

いわゆる、「食べづわり」というものの場合に効果のある方法です。何か口に入れていないと、気持ち悪くなったり、吐き気が出てきたりする妊婦さんもいます。仕事をしている妊婦さんは、仕事場ではできないかもしれません。しかし、通勤や家事の時には、食べていると吐き気がおさまることが多いです。

 

 

・軽めの運動をする

便秘気味の妊婦さんや妊娠している女性には、「ヨガ」「ストレッチ」「散歩」などがオススメです。また、市町村関わらず至る所で、「マタニティヨガ」や「マタニティビクス」「整体」などの教室が開講されてるので、検索してみてください。

 

 

・漢方やハーブティーを飲む

漢方は、体調を整えたり、栄養を補給することができます。また、ハーブティーのミント系は、スッキリとして風味で、気分も晴れやかにしてくれます。

興味のある妊婦さんは、漢方にしろハーブにしろどちらも、専門のネット記事を参考にするか、専門家のアドバイスを聞くことをお勧めします。妊娠中だと、体や胎児への影響が出る薬やハーブティーもありますので、ご注意を

 

 

 

妊婦さんや妊娠している女性、子育て中の女性で吐き気や嘔吐で困っている方は、新潟市西区にある「しんどうまろわ整体」にいらしてください。当整体院では、体のコリや痛みだけでなく、「吐き気」を含めた内臓の不調や頭痛など、あらゆる症状を改善することができます。

詳しくは、下の電話にて、ご連絡ください。

 

 

 

=====================================

 

新潟市にある妊婦さんや妊娠中女性のためのバキボキしない無痛の整体

 

 

しんどうまろわ整体への予約・問い合わせは、

下の電話番号をクリック ↓↓↓


TEL:025-687-3363

 

 

 

新潟しんどう整体流☆妊婦さん妊娠中女性の頭痛の対策

進藤豪人 2017年10月6日 カテゴリー: ブログ

 

新潟市西区を中心に妊婦さんや妊娠している女性、子育中の女性のために無痛整体をしている「しんどうまろわ整体」です。

 

 

妊婦さんや妊娠中の女性は、とても頭痛になりやすいです。

これは、妊娠前期、中期、後期に関わらず、多くの妊娠している女性が悩みを抱えています。一番の悩みは、妊娠中の女性は、頭痛薬を飲むことを制限されていること。胎児に異常があるといけないので、簡単に頭痛薬を飲むことができないのです。

 

 

また、妊婦さんや妊娠に関わらず、多くの女性が抱えているのが頭痛かもしれません。今回は、薬を使いわない、「新潟・しんどうまろわ整体流☆妊婦さん妊娠中の女性にもできる頭痛の対策」をご紹介します。

 

 

 

 

妊婦さんや妊娠中女性の抱える頭痛の主な原因

 

そもそも、頭痛には、いくつかの種類があります。

 

緊張性頭痛

 

頭をしめつけられるような痛みが、緊張性頭痛。

 

妊娠中に起こる頭痛は、大体は緊張性頭痛だと言われています。

 

首や肩、背中などの頭の周辺の筋肉が固くなることで、頭痛が起こると言われています。筋肉が固くなることで、血液の循環が悪くなり、老廃物質がどんどん溜まっていきます。そうなると、溜まった老廃物質が周辺の神経を圧迫し、頭痛が起きやすくなります。

 

さらに、ストレスが緊張性頭痛の引き金にもなります。ストレスが高い状態が続くと、神経が緊張し、脳のコントロール機能が低下し、頭痛を引き起こしてしまいます。

 

 

 

偏頭痛

ズキンズキンと脈打つような痛みが、偏頭痛。

何らかの原因で、脳の血管が膨張すると、「セロトニン」という物質が放出されます。「セロトニン」は、血管の膨張を抑える役割があります。すると、セロトニンが脳の血管を収縮させて、元に戻そうとします。その後、セロトニンが分解され、セロトニンの量が減ります。その後、元に戻ろうとしていた血管が急に広がり、頭痛が起きます。

 

 

 

 

頭痛の原因

 

私の住む新潟市の妊婦さんや妊娠している女性に聞いてみても、人には言わないけれど、頭痛を持っている人が結構しました。上にある緊張性頭痛の仕組みから見ると、筋肉が凝り固まって頭痛になることもあります。しかし、妊婦さんや妊娠中女性が持つほとんどの頭痛が、ストレスが原因です

 

それでは、妊娠中女性は、何からのストレスが頭痛となるのでしょうか。

 

ホルモンの分泌バランスの変化

特定の食べ物

人混み

まぶしい光

香水などの匂いのきつい物

気候の変化

睡眠不足

 

 

 

個人差がありますので、よく頭痛になる方はストレスの原因がわかっていると思います。逆に、頭痛になるストレスの原因がわかっていない人もいます。それでは、どのようにして、頭痛やストレスを解消していけば、良いのでしょうか。

 

 

 

 

 

頭痛とストレスの対処法・解消法

 

ヨガや散歩などの軽度の運動

マッサージ

入浴

暗く静かなところで目を閉じて横になる

首や頭を冷やす

 

 

妊婦さんや妊娠中女性は、胎児の心配もあるので激しい運動はNGです。

したがって、運動は軽めのものにしてください。入浴も、血行を良くし、リラックス効果もあります。

また、市町村からの便りを見ていると、「マタニティヨガ」や「マタニティビクス」などの教室が開講されているのがわかります。参加してみると、頭痛だけでなく、体が楽になったり、気分が晴れたりと、良い効果が色々発見できるでしょう。

 

人混み、まぶしい光、香水などの匂いのきつい物が原因だとわかっている方は、その原因を避けて、部屋を暗くして静かに目を閉じて横になりましょう。また、首や頭を冷やすことで、脳の血行を抑制することができ、頭痛を軽減することができます。

 

 

 

新潟市西区にある「しんどうまろわ整体」なら、妊婦さんや妊娠している女性、子育て中の女性が頭痛であったとしても、その症状を改善することができます。当整体では、妊婦さんや妊娠ししている女性の困っている症状を改善することができます。

加えて、頭痛だけではなく、他の症状も1回の施術で改善することができます。詳しくは、下の電話番号までご連絡ください。

 

 

 

=====================================

 

新潟市にある妊婦さんや妊娠中女性のためのバキボキしない無痛の整体

 

 

しんどうまろわ整体への予約・問い合わせは、

下の電話番号をクリック ↓↓↓


TEL:025-687-3363

 

 

 

TOPへ